運行規制について

自動車排出ガス規制の規制手法の一つに運行規制と呼ばれるものがあります。これは、要件に該当する車両の運行を規制することによって、大気汚染の拡大と渋滞の緩和を目指すものです。自動車の排出ガスの規制を行うための法律には、自動車NOx・PM法や大気汚染防止法などといったものがありますが、この法律は基準に満たない車両の登録を不可能にできるだけで、特定の地域を運行する行為までは規制の対象とはなっていません。そのため、大都市を多シニア01く抱える地方自治体は、条例を制定して指定した地域の運行を制限するようにしています。
車両の運行を規制する条例として代表的なものは、ディーゼル車の規制条例です。これは、排出ガス中の粒子状物質の濃度が基準に適合しないディーゼル車のトラック、バス、特殊自動車の運行を規制するものです。ただし、規制対象となるディーゼル車についても、自治体が指定する粒子状物質の排出を低減させる装置を取り付けることで適合したとみなされます。また、別の地方自治体では、粒子状物質と窒素酸化物の両方の排出量が基準に適合していないトラックやバス、特殊自動車について、指定地域内での発着を制限する内容の条例が設けられています。こちらについても、何も対策をしなければ規制対象となる車両については、排出量の低減装置を取り付けた状態で排出基準に適合していれば、指定地域内で車両を運行することができます。

コメントは受け付けていません。