単体規制について

単体規制とは、国内すべての自動車が対象となっている法律であり、排気ガスに対する規制は環境省が展開しています。
自動車から排出される排気ガス・二酸化炭素などの大気汚染物質を一定量の排出基準以下とするための規制を行っており、環境にやさしい自動車の健全な運営と車社会の確立のために規制されています。
また、現在規制されている物質についa0015_000012ては、粒子状物質・黒煙・一酸化炭素・窒素酸化物などが規制の対象となっています。
窒素酸化物は、ディーゼル自動車から多く排出されており、大気汚染の原因として大問題となりました。
人への健康被害は、刺激性があり、のど、気管、肺等の呼吸器系の病気の原因となります。
一酸化炭素などは、排気ガスから排出されており、エンジンを掛けたまま雪が積もったりすると、一酸化炭素が車内に逆流して死亡事故も発生しています。
海外では日本のように厳しい排気ガスの規制が行われていない国などがあり、PM2.5などが社会問題となっています。
PM2.5などは口や鼻にマスクなどをしても、マスクのフィルターを超えて入ってくるほどの微粒子であることから、防ぐことが非常に困難な状態です。
喘息や呼吸器障害に陥る危険性があることから、今後も排ガスも排ガス規制は厳しくなっていくことが予想されています。

コメントは受け付けていません。