規制手法の違いとは?

規制手法の違いとは、排気ガスを規制する方法の違いのことです。
排気ガスの規制方法は、単体規制、車種規制、運行規制の3つあります。
単体規制とは、自動車自体に規制をかける規制方法であり、新車で自動車やトラックを購入する場合に、一定の条件をみたしていない自動車は登録させないことにより規制をかけています。
しかし、新車の登録のみに行われることから、中古車などには規制をかけることができません。
車種規制は、一定基準を満たしていa0002_004326ない車の新規登録や移転登録、継続登録をさせないことで、規制をかけています。
車種規制では新車だけでなく、中古車も規制対象となっているので、幅広い規制ができます。
運行規制は、一定の条件を定めて、その基準を満たしていない自動車の通行などを許可しない方法で、規制をかけています。
ディーゼル車規制条例が代表的であり、大阪府や東京都などの大都市圏などでは通行を許可しない方法で規制をかけています。
温室効果ガスや排気ガスが首都圏内で大量に排出されると、光化学スモッグが発生したりすることから、健康被害の原因となります。
自動車は日本の経済活動にとって必要不可欠な物であることから、厳しい規制をして人の健康と経済活動のバランスをとっています。

コメントは受け付けていません。