排出ガスが人体と環境に与える影響

自動車の排出ガスはCO2が含まれておウェディング14り、地球温暖化に悪影響を及ぼすことがわかっていますが、その他にも人体に有害な様々化学物質が含まれています。たとえば、一酸化炭素を排出することがあります。これは酸素供給が不十分で不完全燃焼を起こしたときに発生するもので、人体に有害です。排気パイプから煙が上がっているので、見た目でも一酸化炭素が出ていることがわかりますね。

また炭化水素という物質も排出されています。これはガソリンが揮発するときに発生するもので、不完全燃焼のため燃焼しきれなかった混合気がそのまま排出されると発生します。炭化水素も有害で、大気中の紫外線と反応し、光化学オキシダントへと変化します。これは呼吸器系の粘膜に影響を与えます。さらに窒素酸化物も有害です。自動車から発生する窒素酸化物の量は、窒素酸化物全体のかなりの割合を占めています。

このような排気ガスの人体に及ぼす影響を考えたとき、燃費の良いクルマや有害な排気ガスを排出しないクルマが求められます。ガソリン代を浮かせることができたり、減税措置があるエコカーは経済的なだけでなく、地球や人体にも優しいクルマでもあります。そのような意識からエコカーを選択する人も少なくありません。

コメントは受け付けていません。