Author Archive

運行規制について

自動車排出ガス規制の規制手法の一つに運行規制と呼ばれるものがあります。これは、要件に該当する車両の運行を規制することによって、大気汚染の拡大と渋滞の緩和を目指すものです。自動車の排出ガスの規制を行うための法律には、自動車NOx・PM法や大気汚染防止法などといったものがありますが、この法律は基準に満たない車両の登録を不可能にできるだけで、特定の地域を運行する行為までは規制の対象とはなっていません。そのため、大都市を多シニア01く抱える地方自治体は、条例を制定して指定した地域の運行を制限するようにしています。
車両の運行を規制する条例として代表的なものは、ディーゼル車の規制条例です。これは、排出ガス中の粒子状物質の濃度が基準に適合しないディーゼル車のトラック、バス、特殊自動車の運行を規制するものです。ただし、規制対象となるディーゼル車についても、自治体が指定する粒子状物質の排出を低減させる装置を取り付けることで適合したとみなされます。また、別の地方自治体では、粒子状物質と窒素酸化物の両方の排出量が基準に適合していないトラックやバス、特殊自動車について、指定地域内での発着を制限する内容の条例が設けられています。こちらについても、何も対策をしなければ規制対象となる車両については、排出量の低減装置を取り付けた状態で排出基準に適合していれば、指定地域内で車両を運行することができます。

車種規制について

以前施行された自動車に関する規制というものがありますが、内容に関しては多くの事例があり、その中でも車種規制に関する内容を持っているものが存在しています。代表的なものとしては、首都圏などのある一定の自動車の走行量や、同じように人口の多さを持っている地域に限定されているものになり、その目的としては公害に関連する内容を持っていることになります。いわゆる排気ガス規制にも該当する内容とされており、具体的にはディーゼルエンジa0027_000273ン車で排ガスに有毒な物質が多く含まれてしまい、一定量以上の排気ガスを出してしまう車両に関しては、今後は走行させることができない内容とされています。しかし、既に該当する車種を所有されている方の場合では、法規制の対象外と見なされることになるために、買い替えなどをせずに乗り続けることは可能とされています。時が流れて現在ではディーゼル車であっても、いわゆるクリーンディーゼルと呼ばれているものが登場をしている状態にあって、規制内容をクリアすることも不可能ではありません。燃費の良い自動車としてエコカーなども注目されており、かつてのような大排気量で排出ガスの多い車種は限定されている傾向にあるために、環境に対しては良い時代を迎えています。

単体規制について

単体規制とは、国内すべての自動車が対象となっている法律であり、排気ガスに対する規制は環境省が展開しています。
自動車から排出される排気ガス・二酸化炭素などの大気汚染物質を一定量の排出基準以下とするための規制を行っており、環境にやさしい自動車の健全な運営と車社会の確立のために規制されています。
また、現在規制されている物質についa0015_000012ては、粒子状物質・黒煙・一酸化炭素・窒素酸化物などが規制の対象となっています。
窒素酸化物は、ディーゼル自動車から多く排出されており、大気汚染の原因として大問題となりました。
人への健康被害は、刺激性があり、のど、気管、肺等の呼吸器系の病気の原因となります。
一酸化炭素などは、排気ガスから排出されており、エンジンを掛けたまま雪が積もったりすると、一酸化炭素が車内に逆流して死亡事故も発生しています。
海外では日本のように厳しい排気ガスの規制が行われていない国などがあり、PM2.5などが社会問題となっています。
PM2.5などは口や鼻にマスクなどをしても、マスクのフィルターを超えて入ってくるほどの微粒子であることから、防ぐことが非常に困難な状態です。
喘息や呼吸器障害に陥る危険性があることから、今後も排ガスも排ガス規制は厳しくなっていくことが予想されています。

規制手法の違いとは?

規制手法の違いとは、排気ガスを規制する方法の違いのことです。
排気ガスの規制方法は、単体規制、車種規制、運行規制の3つあります。
単体規制とは、自動車自体に規制をかける規制方法であり、新車で自動車やトラックを購入する場合に、一定の条件をみたしていない自動車は登録させないことにより規制をかけています。
しかし、新車の登録のみに行われることから、中古車などには規制をかけることができません。
車種規制は、一定基準を満たしていa0002_004326ない車の新規登録や移転登録、継続登録をさせないことで、規制をかけています。
車種規制では新車だけでなく、中古車も規制対象となっているので、幅広い規制ができます。
運行規制は、一定の条件を定めて、その基準を満たしていない自動車の通行などを許可しない方法で、規制をかけています。
ディーゼル車規制条例が代表的であり、大阪府や東京都などの大都市圏などでは通行を許可しない方法で規制をかけています。
温室効果ガスや排気ガスが首都圏内で大量に排出されると、光化学スモッグが発生したりすることから、健康被害の原因となります。
自動車は日本の経済活動にとって必要不可欠な物であることから、厳しい規制をして人の健康と経済活動のバランスをとっています。

硫黄酸化物とは?

硫黄酸化物は硫黄の酸化物の総称を指しますが、自動車の排出ガスと大気汚染の関係について考える場合は、主に二酸化硫黄と三酸化硫黄のことを指します。
原油から軽油やガソリンをつくる際にa0002_004006は、精製過程で原油に含まれている硫黄の大部分が取り除かれます。しかし、完全に取り除くことはできず、完成品の軽油やガソリンには少量の硫黄が混じっています。この硫黄は燃焼することで二酸化硫黄となります。二酸化硫黄は人体に入り込むと気管支炎や気管支ぜんそくなどの呼吸器系の疾患をもたらす非常に有害な物質で、過去に日本で起きた公害の原因物質となったことから大気汚染防止法で特定物質に指定されています。
また、二酸化硫黄は二酸化窒素との反応によって三酸化硫黄と一酸化窒素になり、三酸化硫黄は水に溶けると硫酸となります。硫酸は、大気中で起きる酸性雨のもととなっている物質の一つであり、三酸化硫黄は硫酸をつくり出す物質となることから、大気汚染防止法では硫酸と三酸化硫黄の2つの物質も特定物質に指定され、規制の対象となっています。
日本では、硫黄の酸化物の許容量は、ガソリンや軽油中に含む硫黄の許容濃度という形で大気汚染防止法で規定されています。現在、ガソリンや軽油中の硫黄の許容濃度は0.001質量パーセント(10ppm)以下となっています。

窒素酸化物とは?

自動車から排出されるガスの成分に含まれる物質の中に、窒素酸化物(NOx)があります。NOxは通常、窒素の酸化物の総称を意味しますが、自動車の排出ガスの問題を考える際には、一酸化窒素と二酸化窒素のことを指していう場合がほとんどです。
ガソリンエンジン車の排出ガスにa0002_000036含まれることが多い窒素の酸化物は一酸化窒素です。一酸化窒素は車のエンジンのような高温・高圧の環境下で窒素と酸素が化合してできる物質です。車内で生成された一酸化窒素は排気管を通って大気中に出されますが、この一酸化窒素は大気中の酸素やオゾンと結合して、二酸化窒素となります。一酸化窒素と二酸化窒素は酸性雨や光化学スモッグの発生に関係のある物質であり、重大な大気汚染を引き起こすおそれがあるため、大気汚染防止法や自動車NOx・PM法、自治体の条例などによって排出量に上限が設けられています。特に二酸化窒素については、人体には入り込むと呼吸器系の疾患を引き起こすおそれがあることから、大気汚染防止法では特定物質として指定され、環境基準が定められています。
通常、車はその時点での環境基準が考慮されて製造されます。そのため、同じ車に長期間にわたって乗り続けていると、定期的にやってくる車検(継続検査)の際にNOxの排出量が受検の時点で運用されている法律で定める基準に適合しなくなり、新しい車検証の交付を受けられなくなる可能性があるので注意が必要です。

粒子状物質とは?

自動車の構造上として、燃料を燃やして自動車を動かす仕組みを持っているものになるために、燃焼させた後には排ガスが排出されることになります。排気ガスには使われている燃料の種類によっても大きa0001_000584く異なる部分を持っていますが、粒子状物質というものが含まれていることになります。この物質に関してはマイクロメートルの大きさを持っているものとしても知られており、一般的に肉眼で見ることは難しい状態にあります。しかし、工場や自動車などから排出される物質に関しては、規制というものが設定されており、自動車の場合では排気系のパーツによって問題をクリアしていることが一般的になります。排気系のパーツの中にはマフラーと呼ばれているものが設置されているのですが、マフラーには有毒な物質を軽減するための役割と、騒音を軽減するための役割に分担することができます。有害な物質に関しては、有名なものとしてはマフラーの最後部に相当する太鼓と呼ばれている部分があります。このパーツによって消音と同時に排ガスがクリアになるシステムを持っていることになり、自動車を問題無く走行させることができます。古くなった自動車の中には交換することが求められている場合もあり、常に適正な基準を保っていることが必要です。

一酸化炭素とは?

大気中に存在する無味、無臭の気体である一酸化炭素は、メタンの酸化や森林火災、火山活動などにより自然に生成されることもありますが、現代社会においては主に自動車の排ガスが発生源となっています。化石燃料であるガソリンに含まれる有機物が不完全燃焼することで発生し、自動車がa0001_000062急速に普及した過去には全国各地で深刻な大気汚染を引き起こしたこともありました。
この気体は人体へも悪影響を及ぼします。たとえば相当量が体内に取り込まれると、頭痛やめまいが引き起こされるのですが、これは血液中に多量に含まれるとヘモグロビンと結合し、血液が担う酸素運搬機能が阻害されるからです。またこの気体には、温室効果ガスの一つであるメタンガスの寿命を長くする効果があることも知られており、人体への健康被害だけでなく、地球温暖化への悪影響も懸念されています。
もっともわが国では過去の大気汚染による被害の経験から、排出ガスに対する規制が進んだうえ、技術革新がもたらす環境技術の向上により、大気汚染の原因となる汚染物質の濃度は常に低いレベルに保たれています。したがって現在では自動車の排出ガスによる影響よりも、喫煙による人体への影響のほうを心配する人が増えています。

排出ガスが人体と環境に与える影響

自動車の排出ガスはCO2が含まれておウェディング14り、地球温暖化に悪影響を及ぼすことがわかっていますが、その他にも人体に有害な様々化学物質が含まれています。たとえば、一酸化炭素を排出することがあります。これは酸素供給が不十分で不完全燃焼を起こしたときに発生するもので、人体に有害です。排気パイプから煙が上がっているので、見た目でも一酸化炭素が出ていることがわかりますね。

また炭化水素という物質も排出されています。これはガソリンが揮発するときに発生するもので、不完全燃焼のため燃焼しきれなかった混合気がそのまま排出されると発生します。炭化水素も有害で、大気中の紫外線と反応し、光化学オキシダントへと変化します。これは呼吸器系の粘膜に影響を与えます。さらに窒素酸化物も有害です。自動車から発生する窒素酸化物の量は、窒素酸化物全体のかなりの割合を占めています。

このような排気ガスの人体に及ぼす影響を考えたとき、燃費の良いクルマや有害な排気ガスを排出しないクルマが求められます。ガソリン代を浮かせることができたり、減税措置があるエコカーは経済的なだけでなく、地球や人体にも優しいクルマでもあります。そのような意識からエコカーを選択する人も少なくありません。